製品総合案内

刃物交換手順

180AT-P・180DX・200DX・180L・180S・150型、

PK-511・512・513型、EZ50・EZ80型

刃物の交換手順図解

手順.1

手順.2

手順.3

レバーハンドルがロックされて
いる状態で止めネジを外します

マシンカバーを引き上げて
本体から外します

刃の左右先端のカッターハング
スプリングフックを手前に倒し

手順.4

手順.5

手順.6

刃を一番下まで下ろし、
プレスプレートも同時に下ります

刃物は非常に危険ですので
取扱は慎重に行ってください

刃の左右のスプリングフックを
止めているナットをレンチ(10mm)

手順.7

手順.8

手順.9

で外しスプリングの掛かっていた
刃止めボルトを前に引き抜きます

パーツを外す時はパーツを
なくさない様に注意してください

次にプレスプレート中央部の
スプリングフックをレンチで外し

手順.10

手順.11

手順.12

テンションスプリングを刃の
スプリング止ネジより外します

マイナスドライバーでスプリング
止めネジから刃を外します

刃物の安全ロックをレンチで外し
刃物を本体左から引き抜きます

手順.13

手順.14

手順.15

刃に付着の油で滑りやすい為
注意の上慎重に引抜いて下さい

きつい場合は刃物右側をハン
マー等で軽く叩いてみて下さい

刃物はケースまたはダンボール
等の箱に入れ研磨へ

手順.16

手順.17

手順.18

新しい刃の取付けは取り外し
の逆の順序で行います。

刃を左より差込みプレスプレート
の左右、穴位置をしっかり合わせ

マイナスドライバーで刃後面中央
スプリング止めネジを取付けます

手順.19

手順.20(写真はプレート中央部)

手順.21

刃の左右両端を刃止ボルト、
ナットでしっかり固定します

この時にボルトにロールが
ついていることを確認してください

カッターハングスプリングを刃止
ボルトにかけナットで固定します

手順.22

手順.23

手順.24

カッターハングスプリングを手前より
持上げて倒し刃とプレートは上昇

テンションスプリングフックを
プレスプレートにしっかり固定し

配線コードや安全ロックレバーに
注意しマシンカバーを取付けます

この後、カバー止めネジを取りつければ終了です

ご注意 : 刃の取り扱いは充分注意の上行ってください。

各部のネジは組み立てる時必ず強く締めてください。


断裁機を使えば、こんなに色々な小物が楽々作れます。

カットサンプル:全面印刷の写真・名刺・写真入のPOP・

カラー印刷のチケット・CDジャケット...などなど

A3サイズに2面印刷されたコピーの断裁です。

使うのはSC-20N型

A3サイズの印刷物

ルーラーをA4にセット

PPC用紙370枚まで断裁

断裁した2面付けのコピー

これでコピー代は半分

こうすれば、楽々複製が出来、しかもコピー代は半分。

    


製品総合メイン

 
会社案内 | プライバシーポリシー | お問い合わせ | ©2007 Takasaki Precision & Machinery Corporation