製品総合案内

刃物交換手順

SC-10Nシリーズ(SC-10N、SC-11N、SC-20N)

刃物の交換手順図解
SC-10N保守
SC-10N保守
SC-10N保守
手順.1
手順.2
手順.3
プレスハンドルを回してプレス
フロントカバーをとめているボルト
プラスドライバーで一番奥の
プレートを最下段まで下げます。
をドライバーで回し、外します
刃止めボルトを外します
プレスハンドルを止めているボルト
同じ要領でマシンカバーも
      
を外しハンドルを抜き取ります。
ドライバーを使い、外します。
      
SC-10N保守
SC-10N保守
SC-10N保守
手順.4
手順.5
手順.6
次に安全装置のロックを解除し
刃についている油で滑りやすく
刃が抜けたら替刃ケースや
レバーハンドルを下げます。
なっている場合もありますから
段ボール等の箱に入れて研磨に
刃が下まで降りた状態で
注意して刃を手前側より慎重に
お出しください。刃物の取り扱い
残りの刃止めボルトを外します。
引き抜いてください。
は慎重に行ってください。
SC-10N保守
SC-10N保守
SC-10N保守
手順.7
手順.8
手順.9
新しい刃の取付けは取り外し
刃の止め穴とメインフレームの
レバーハンドルを上げ、安全装置を
の逆の順序で行います。
穴の位置をしっかり合わせて、
ロックの状態にし、一番奥の刃止め
レバーハンドルが下がった状態で、
本体手前より順に
ボルトを固定します。最後にカバー・
刃を本体手前より差込んで下さい。
刃止めボルトで固定して行きます。
ハンドルを取り付けて終了です。
ご注意 : 刃の取り扱いは充分注意の上行ってください。
各部のネジは組み立てる時必ず強く締めてください。

断裁機を使えば、こんなに色々な小物が楽々作れます。

カットサンプル:全面印刷の写真・名刺・写真入のPOP・

カラー印刷のチケット・CDジャケット...などなど

A3サイズに2面印刷されたコピーの断裁です。
使うのはSC-20N型
A3サイズの印刷物
ルーラーをA4にセット
PPC用紙370枚まで断裁
断裁した2面付けのコピー
これでコピー代は半分
こうすれば、楽々複製が出来、しかもコピー代は半分。
    

製品総合メイン

会社案内 | プライバシーポリシー | お問い合わせ | ©2007 Takasaki Precision & Machinery Corporation