製品総合案内

製品紹介

SC−10N、11N、20N 断裁方法図解
小型断裁機・SC−10Nスペック
ストップボタンと刃物降下防止バネ付きの二重安全装置を備え切刃、及び刃受けの交換が可能です。
最大断裁幅:300mm 断裁厚:24mmまで 切断奥行:B4サイズまで 寸法:W390xD505mm
カットライン表示機構:AC電源100V(50/60Hz) 重量:16Kg
断裁機断裁機
SC-10N型・11N型・20N型(小型)断裁機の断裁方法
このタイプの断裁機は断裁能力(断裁厚)が大きいので
通常の手動断裁機の様に一回の動作では断裁を完了しません。
以下の手順で断裁してください。
また、危険ですので断裁機の使用は必ず1人で行いましょう。
プレスプレート(紙押さえ)部分の中には絶対に手指などは
入れないで下さい。

SC10NでB4用紙をB5に裁断する
SC-10N本体
断裁機前部
最初にまず、レバーハンドルを安全装置がロックされる
位置まで上げ、固定されている事を確認します
スライドゲージをサイドゲージのメモリに合わせ、
ゲージ止めボルトで固定します
用紙を左手より差し込み、
スライドゲージ、サイドゲージに あて、用紙をそろえます
プレスハンドルを回し、用紙を固定します
左手でレバーハンドルをつかみ、右手で安全装置を解除し、
レバーハンドルを用紙に刃先があたるまで下げます
レバーハンドルが下がり始めたら安全装置から右手を離します
両手でレバーハンドルをしっかり握り、裁断します
刃先が刃受けに当たり、裁断が終わりましたら、
安全装置がロックされるまでレバーハンドルを上に上げます
プレスハンドルを緩めて、用紙を取り出します
ラインにあわせて、裁断したい場合などは、
カットライン表示機能を使っていただくと、
より精度の高い裁断ができます
標準附属品のACアダプターです カットライン表示機能を
利用される場合以外は電源をオフにして使いましょう
アダプターの脱着(接続前)
アダプターの脱着(接続後)
電源オフの状態
電源オンの状態

 

SC-10N・11N・20N 断裁方法

製品紹介トップ
 
会社案内 | プライバシーポリシー | お問い合わせ | ©2007 Takasaki Precision & Machinery Corporation